以前のブログ( http://blog.charme-clinique.jp/2019/05/14/2年前の糸が出てきた%ef%bc%9f/ )の続き。

前回のブログは60代女性が他院で2年前にスプリングスレッド(非吸収糸に

よるスレッドリフト)を受け、数か月前から右頬が腫れてきたため当院を

初診し、糸を1本抜去したところまででした。

その後、症状は軽快していましたが、またここ数日来右頬が腫れてきたため

先日当院再診しました。

 

 

腫れている部位にエコーをあててみると、

 

 

スレッドが見えますね。

局所麻酔下に刺入部を開窓してスレッドを摘出↓

 

 

感染を繰り返しているので、おそらくバイオフィルムを形成している

のでしょう。

片側5本入っているとのことなので、今後も要経過観察となります。

こういう症例を経験すると、スレッドはやはり吸収糸が望ましいと実感

しますね。なお、当院で使用しているスレッドは、VOVリフトとシルエット

ソフトであり、ともに吸収糸です。